医師の定年退職に関して

世間一般での定年退職は65歳。まだ60歳としている企業もありますが、年金受給対象年齢の引き上げ、あるいは以前と比べて健康寿命が伸びていることも勘案され、65歳を定年退職とする企業が増えてきています。

それに合わせる形で、あるいは以前からそういうところもありますが、医師には65歳で一線を一旦退いてもらうとしている病院もあります。

医師は技術職です。確かな知識や技術を備えていれば、また、それを存分に発揮できる状況にあるならば、いくつになっても医療業務に従事することが可能。

医師不足が叫ばれる昨今であれば、定年退職をした医師であっても、そのニーズがなくなることはしばらくありません。

現に、定年によって退職した医師を再雇用する病院も増えていますし、60歳や65歳以上の医師を積極的に採用しようと求人を出している医療施設も少なくありません。

まだまだ働けるという方は、このような病院や施設にも目を向け、転職先を探してみるといいでしょう。


定年退職を迎えた医師の転職先

定年退職を迎えた医師を積極的に採用しようとしている医療施設としては、例えば介護施設があります。

ご存知のように日本は少子高齢化時代を迎えます。

いえ、もう既に迎えていると言えるでしょう。

そんな中で需要が高まるのが介護関連施設。福祉施設、保健施設、療養型医療施設と種類はいくつか存在していますが、何にしろこれらの介護施設では医師の配置が義務付けられています。

介護施設での業務が病院などと比較して極端に楽というわけではありませんが、このような施設で必要になるのは、むしろ経験です。

その経験を発揮できるのは、ある程度現場で実務をこなしてきたベテラン医師。

つまり、定年を迎え退職した人たちというわけです。


活躍できる場がまだまだある

他には、企業で働く人たちの健康管理、これは身体のみならず精神的なものも含まれますが、こうした仕事をこなす産業医も転職先としては有力な候補となるはず。

企業によって求める医師の経験や能力、あるいは勤務環境などは異なってくるものの、難しい治療を担当するわけではないため、定年退職をした後、少々体力的な不安が出てきている医師であっても十分にこれまでの経験を発揮できるはずです。

医師は勤務医であっても非常勤で働くケースがありますが、もちろん、定年後もそのような働き方が可能です。体力的な問題で毎日フルタイムで働くことが難しいのであれば、このような非常勤で雇ってくれる病院や医療施設に転職することもひとつの選択肢としてみましょう。

医師として働いてきたのであれば、転職先に困ることはありません。

需要はいくらでもあります。生涯現役でその経験を社会のために活かしてもらいたいものです。