医師が転職するのであればコンサルタントに相談

転職を希望している医師には、それぞれ思うところがあるはずです。

転科をしたいと考えている人もいるでしょう。

以前職場を変えたけれどもしっくりとこず、再び職場を変えたいが不安に思っている人もいるかもしれません。

医局や派閥の中での人間関係に悩み、別の病院で働きたいと考えている人も多いはず。

さらには定年退職をしたけれどもまだまだ働きたいと考えている人もいるでしょう。

どのような思いや動機があるにしろ、医師が転職するのであればコンサルタントに相談をすることが、まず最初に取るべき行動となります。

エージェントや人材紹介会社などと呼ばれることもありますが、行っている業務や得られるメリットは同様です。

参照:より良い転職をするために医師が知っておきたい事


自分ひとりで収集できる情報には限界がある

自力で職場を変えることほど難しいことはありません。しかも、失敗に繋がるリスクも非常に大きくなってしまいます。 まず、自分ひとりで収集できる情報には限界があります。求人情報もそうですし、自己分析などもそうです。職場を変える時には必ず情報を収集しなければいけませんが、正しい情報と間違った情報の取捨選択も同時にしなければなりません。それを個人で行うのは非常に困難。 コンサルタントに相談することで、自分にとって必要で有益な情報のみを提示してくれます。求人情報に加え、自分の市場価値、医療施設の詳細な情報、医療業界や医療現場の現状など、こうした情報を精査・整理した上で的確なアドバイスをしてくれるのが、エージェントなどを利用する最大のメリットなのです。 そもそも、個人の力では絶対に得ることができない求人情報(非公開求人)も各エージェントは抱えています。現状と希望する将来、能力や実績などを提示することで、それが双方にマッチしていると判断できれば、その非公開求人を紹介してくれます。

転職の成功に繋がる

その上で、転職を成功させるためのサポート、例えば面接などを行うのであれば、そのためのアドバイスなどもしてくれます。事前にその医療施設の情報を得ているため、何をどうアピールすれば応募先医療施設の求めている人材と合致するのかも把握しやすくなります。 また、給与面や休暇、福利厚生などに関する条件の交渉を代理で行ってくれるコンサルタントも多く、これも大きなメリットとなるはずです。 このような全面的なサポートは、特に働きながら転職したいと考える医師たちにとっては助かるはず。離職期間を一切作らずに職場を変えることができるのです。キャリアに空白期間を作りませんし、そのためのスケジュールなども綿密に立案してくれます。 ひとりで全てを抱え込もうとせず、プロに相談することをお勧めします。これまでとは異なる価値観も得られるでしょうし、視野も広がるでしょう。それが転職の成功に繋がることは言うまでもありません。