転職を目指す医師が意外と知らないこととは

医師にとって転職したいと思う理由は様々ですが、近年では「現状に満足していないから環境を変えたい」、「人間関係に悩んでいる」、「周りが転職したから自分も」などと言ったように、普通のサラリーマンと同様の理由で転職を検討する医師が非常に多くなってきています。

そんな転職を目指す医師たちが意外と知らないこと、それは、「自らの市場価値」です。

医師として働いていると、「先生」と呼ばれたり、周囲の人たちが自分のために動いてくれているため、それによって自らの価値を過信することも珍しくはありません。

つまり、自己評価と周囲からの評価、あるいは本当の能力に乖離があるケースが少なくないのです。


意外と知らない正しい自分の市場価値

もし自己評価の方が上回っているとすれば、それは医師の転職にとっては致命的。

どの病院も受け入れようとはしてくれません。

仮に受け入れてくれる病院があったとしても、これまで勤めていたところと比較して環境がいいとは言えないかもしれません。

年収アップを狙った転職であったにもかかわらず、逆に年収がダウンしてしまうことも現実にあるのです。

目指していたような環境や立場、年収が得られなければ、それは転職の失敗を意味します。 意外と知らない正しい自分の市場価値、これを知るためには、情報を集めなければいけません。

情報が非常に偏っている、あるいは客観的ではないものばかりになってしまうと、正しい自分の市場価値を見出すことは難しくなります。


医師は客観的な情報をどこで手に入れればいいのか

では、医師は客観的な情報をどこで手に入れればいいのか。

最も簡単で確実なのは、転職エージェントや転職コンサルタントと呼ばれるサービスの利用です。

特に、医師の転職を専門としたエージェントやコンサルタントを利用することが最適でしょう。

転職コンサルタントを利用する一番のメリットは、専任のコンサルタントがあなたのこれまでの医師としての実績・能力・そして転職に関する希望や将来のビジョンなどを勘案した上で、それに見合った求人情報を紹介してくれること。

もし転職に関する希望や将来のビジョンなどがこれまでの実績や能力と釣り合っていないと感じれば、それもしっかりと指摘してくれます。

参照サイト:医師の転職を徹底解説


そこで自らの市場価値を正しく把握することができ、すなわち、「意外と知らないこと」を知ることになるのです。

現実を目の当たりにすることは決して楽なことばかりではなく、時には厳しく辛いものではありますが、現実を目の当たりにすることは必ず将来に役立つと信じること、これが重要です。転職を成功させるためには、それを受け止めなければいけません。